Geotic Live in Japan 2018

2018/10/23(火曜)  

CIRCUS Tokyo

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV ¥4,000(ドリンク代別)

レーベル割価格(限定50枚)

¥3,500(ドリンク代別)

各プレイガイドは9/19より販売

[Buy] : Pコード:129991/Lコード71470/e+


(Baths公演でのセットと

Geotic公演でのセットは異なります)


 

セカンド・スタジオ・アルバム『Traversa』

10/17日本先行リリース

 

 

企画制作 Tugboat Records Inc.


LA在住、Will Wiesenfeldが、Bathsとともに活動する別名義のプロジェクト=Geotic。 

10/17日本先行リリースのセカンド・スタジオ・アルバム『Traversa』を引っ提げ

10/23(火曜)CIRCUS Tokyo にて公演決定!!

ダンスセットとアンビエントセットを織り交ぜた初披露の貴重なライヴセット

※限定数でレーベル割予約受付中



1.Lover Surreal 

2.Pop Therapy

3.Days to Remember

4.Hold On (I Was Wrong)

5.User Patterns

6.Paris to the Moon

7.No Tomorrow

8.Echo Chamber

9.Scenic Highway

10.Is It Her?

11.Dare to Dream

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年9月19日発売

・品番:TUGR-079

・発売元:Tugboat Records Inc.

amazon,apple music,Spotify


テーム・インパラ、YMOとドナルド・フェイゲンが出会った未来派シンセ・ポップ

 


Video Age(ビデオ・エイジ)
ビデオ・エイジは、USルイジアナ州ニューオリンズを拠点とするポップ・デュオ。フロントマン兼ギタリストのRoss Farbeと、ドラマーのRay Micarelliによって2016年に結成。同年のデビュー作『Living Alone』を経て、2018年に発表した最新作『Pop Therapy』では、80′s直系のアナログ・シンセ・サウンドを展開している。 


 

 

Tugboat Records presents Baths Japan Tour 2018

2018/10/22(月曜) 

渋谷WWW

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV ¥4,800(ドリンク代別)

レーベル割価格(限定100枚)¥4,300(ドリンク代別)

各プレイガイドは9/17より販売

[Buy] : Pコード:130-011/Lコード70460/e+


2018/10/25(木曜)

大阪 Socore Factory

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV ¥4,500 (ドリンク代別)

レーベル割価格(限定50枚)¥4,000(ドリンク代別)

プレイガイドは9/17より販売

[Buy] : e+ のみの販売となります


 

企画制作 Tugboat Records Inc.


LAが誇る稀代のビートメイカーBaths、東京・大阪で来日公演開催!! 

ポップ・ミュージックの新たな可能性を拡張した最新作「Romaplasm」を携え最新鋭の演奏セットを披露!

インディーロック~ヒップホップリスナーまで巻込んだ、今なお色褪せない大傑作ファースト・アルバム「Cerulean」                  大病を患いその果てで見事なまでのアーティストとしての成長を成し遂げ、その年多数のメディアから年間ベストに挙げられた  セカンド・アルバム「Obsidian」。「絶対に自分に対して不誠実であってはならない」という創作活動における信条のもと、     ポップ・ミュージックの新たな可能性を拡張したサード・アルバム「Romaplasm 」

その創り出すビートが今最も話題を呼ぶビートメイカーBaths

誰しもが惹き付けられる躍動感溢れるライヴパフォーマンスは必見!!

※限定数でレーベル割予約受付中


Jamie Isaac / (04:30) IDLER


1.Wings 

2.Doing Better

3.Maybe

4.(04:30 Idler / Sleep

5.Interlude (Yellow Jacket)

6.Eyes Closed

7.Slurp

8.Counts For Something

9.Melt

10.Drifted / Rope

11.Delight

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年6月27日発売

・品番:TUGR-061

・発売元:Tugboat Records Inc.

amazon,apple music,Spotify


本作は高らかに告げる。

ジェイミー・アイザックが現代コールド・ソウルの最高峰であることを。

アデル、エイミー・ワインハウス、キング・クルールら錚々たるアーティストを

輩出している今最も旬なアート・スクール=BRIT School出身の大注目アーティスト。

セカンド作『(04:30) IDLER』にて遂に日本デビュー決定!!


Jamie Isaac(ジェイミー・アイザック)
ジャズやR&Bなどの影響を受け、クラシック音楽の教養もたずさえたサウスロンドン出身の若干23歳の俊英。2 枚のEPやミックステープ、デビュー作『Couch Baby』が多くのメディアから高い評価を受けた。また、キン グ・クルールの盟友でもある。 


Where We Were Together


1.Let It Begin

2.But l Like You

3.Old Town

4.Ours

5.Funny And Cute

6.I Just Wanna Dance

7.B Lover

8.After Falling Asleep

9.Here

10.About The Courage To Become Somebody’s Past

11.Coming To The End

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年6月20日発売

・品番:TUGR-060

・発売元:Tugboat Records Inc.

amazon,apple music,Spotify


韓国・釡山から世界の注目を集める、切なくメロウなサーフ・ロック。

Yo La Tengo~Pavementをはじめとする90年代USシーンのサウンドを見事なまでに

再構築した新世代が韓国・釡山から誕生=Say Sue Me(セイ・スー・ミー)

セカンド作『Where We Were Together』にて遂に日本デビュー決定!!


Say Sue Me(セイ・スー・ミー)
韓国・釡山で2012年に結成。60年代のサーフ・サウンドと、90年代のインディ・ロックのポップセンスが融合したスタイルで、インディ・ロック・ファンの注目を集める。2018年にリリースされたセカンド・アルバムWhere We Were Togetherは欧米のメディアからも高い評価を受け、同年春にはヨーロッ パ・ツアーを敢行。活躍の場を世界に広げている。 


Renata Zeiguer


Old Ghost

1.Wayside

2.Bug

3.Below

4.After All

5.Dreambone

6.Follow Me Down

7.Neck of the Moon

8.They Are Growing

9.Gravity (Old Ghost)

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年5月30日発売

・品番:TUGR-057

・発売元:Tugboat Records Inc.

amazon,apple music,Spotify


JAY SOM、KERO KERO BONITOなどの世界的ブレイクを手掛けたロンドンの

新興レーベル〈ダブル・デニム・レコーズ〉が期待を込めて次にリリースするのは

ブルックリンの美しい才媛、レナータ・ザイガーによる待望のデビュー作!!




Renata Zeiguer(レナータ・ザイガー)
NY生まれのシンガー・ソングライター。NYのバンド、ランドレディのメンバーとして活動後、2013年にEP『Horizons』を発表してソロ・デビュー。2018年にファースト・アルバム『オールド・ゴースト』を完成させた。


 

The Get Up Kids


Kicker


1.Maybe

2.Better This Way

3.I’m Sorry

4.My Own Reflection


・解説/歌詞・対訳付き

・2018年6月6日発売

・品番:TUGR-062

・日本先行リリース

・発売元:Tugboat Records Inc.


amazon,apple music,Spotify


歓喜の完全復活!!僕らのThe Get Up Kidsが待望の最新EP『Kicker』を日本先行リリース

実に7年ぶり最新作品の発表! USインディーの名門 Polyvinylと契約を果たし

待ち望まれるフル・アルバムが大傑作を予感させる、EPが誕生!!




The Get Up Kids
ミズーリ州カンザスの5人組。1999年の2nd『Something to Write Home About』でブレイク。ブレイドやミネラルらと共に USエモの“セカンド・ウェイヴ”としてシーンを牽引する。2005年に活動休止。2008年にリユニオンを果たす。2011年にはフ ジロックに出演。本作『Kicker』は、2011年の復帰作『There Are Rules』以来7年ぶりとなる作品。シェラックのボブ・ウ ェストンがマスタリングを担当。USインディの名門〈Polyvinyl〉からのデビュー作になる。


 

Hovvdy – Cranberry


Cranberry 

1.Brave

2.In the Sun

3.Thru

4.Petal

5.Cranberry

6.Late

7.Tub

8.Float

9.Truck

10.Quitter

11.Colorful

12.Swing

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年5月16日発売

・品番:TUGR-058

amazon,apple music,Spotify


べッドルームから生まれた、美しくも儚いハッピー&サッド・ソング


Hovvdy
米オースティン出身のシンガー・ソングライター・デュオによる2作目。スロウコアとフォークを融合したようなサウンドと、シンプルかつ叙情的なメロディには定評がある。話題の女性シンガー、サッカー・マミーも絶賛!


Simian Ghost


Simian Ghost 

01. Fun

02. When You’re Ready

03. Eat the Rich

04. Passenger

05. Last Night

06. Money

07. Shadow

08. Éphémère

09. Stop Moving

10. Sheet Music

11. Lose It

12. Climb the Walls

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年5月2日発売

・品番:TUGR-052

amazon,apple music,Spotify


新たな出発を告げる新作は、スタイリッシュに踊らせる北欧インディ・ポップの最高峰

PhoenixのツアードラマーのThomas Hedlund(トーマス・ヘドランド)を共同プロデューサーへ迎えた、

北欧インディ・ポップの最高峰=Simian Ghostによる意欲作。アナログのみでリリースされていた作品が日本のみでCD化が決定


Simian Ghost
ポストロック・バンド、Aerialのフロントマンとしても活動していたSebastian Arnströmを中心としたスウェーデン出身の4人組。スウェーデンだけでなく、フランスやドイツの名門レーベルからも作品を発表している。これまでに4枚のアルバムをリリースし、セルフタイトルの最新作はPhoenixのドラマー・Thomas Hedlundがプロデュースを手がけた。


The Spook School / Could It Be Different?


Could It Be Different?  

1.Still Alive

2.Best of Intentions

3.Less Than Perfect

4.Keep in Touch

5.Bad Year

6.Alright (Sometimes)

7.I Only Dance When I Want To

8.I Hope She Loves You

9.While You Were Sleeping

10.Body

11.High School

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年4月18日発売

・品番:TUGR-054

・解説 :  木津毅

amazon,apple music,Spotify


クィア・パンクの気鋭による、フレッシュかつダンサブルなギター・ポップの自由。

スコットランド・エディンバラ出身痛快ギター・ポップ・バンド=ザ・スプーク・スクール

「ザ・スプーク・スクールは、イギリスにおけるクィアのパンク・シーンを牽引する存在にまで成長した」 ―Buzz Mag
「ザ・スプーク・スクールほど美しいものはない。雄弁に物語る稀有なバンド」―The Guardian
「親しみやすく、他に太刀打ちできるものがないほど魅力的。これは現代になくてはならない作品である。」―Clash


The Spook School
2012年にナイ・トッド(ヴォーカル/ギター)を中心にしてエディンバラで結成。アンナ・コーリー(ベース/ヴォーカル)、アダム・トッド(ギター/ヴォーカル)、ナイル・マッカムレイ(ドラム)からなる4人組。パンクや80年代の英国ギター・ポップを思わせるサウンドで注目を集め、3枚のアルバムをリリースしている。


Henry Green


Shift  

01.i

02.Aiir

03.Shift

04.Another Light

05.Stay Here

06.We

07.Without You

08.Contra

09.Diversion

10.Something

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年4月18日発売

・品番:TUGR-053

・解説 :  伊藤なつみ

・対訳:ermhoi

amazon,apple music,Spotify


ブリストルが生んだ新世代、移りゆくものを描いたアートなエレクトロニカ

これまでにリリースした2枚のEPがSpotifyで800万回再生突破するなど話題を呼ぶ中、待望のデビュー作が遂に完成! !

まるで <Four Tet meets Rhye>なサウンドで話題沸騰! !


Henry Green
現在22歳のヘンリー・グリーンは、イギリス西部にある港湾都市ブリストルに生まれた。このソングライター/プロデューサーであるヘンリー・グリーンの名前が注目されるようになったのは2013年10月。ノルウェーの大人気プロデューサーであるKYGO(カイゴ)が、グリーンがカバーしたMGMTの「Electric Feel」をリミックスしてSoundCloudにアップしたことから始まった。たちまち広まり、今では1000万回再生を達成している。2015年6月にデビューEP『Slow』、続く2017年2月に2nd EP『Real』をリリースし各ストリーミングサービスでも話題に。待望のデビュー作『Shift』を2018年にリリースし、遂に日本デビューを果たす。


Gingerlys


Gingerlys 

01.Turtledoves

02.Playgrounds

03.See You Cry

04.Elsewhere

05.Let Down

06.100 Flowers

07.Mermaids

08.Incandescent

09.Purple Sunshine

10.New Toys

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年3月14日発売

品番:TUGR-051

amazon,apple music,Spotify


淡いドリーミーなサウンド、甘酸っぱいセンチメンタルさ、王道の疾走系ドリームポップチューン。

全てのギター・ポップ・ファン大推薦のデビュー作


Gingerlys
ニューヨークはブルックリンを拠点に活動する女性ヴォーカリスト、ジャッキー・メンドーサを中心とした5人組。 レディオ・デプトやシーヴス・ライク・アスらをリリースしてきたインディー名門〈shelflife〉からのEPを経て、 初のアルバムとなる本作は元ドラムスのコナー・ハンウィックがプロデュース。


Online

Triathalon/Online  

01. 3

02. Couch

03. Butter

04. Hard To Move

05. Pull Up

06. Water

07. Sometimes

08. Plant

09. Bad Mood

10. Deep End

11. Training Day

12. Day One

13. True

・解説/歌詞・対訳付き

・2018年3月14日発売

品番:TUGR-050

amazon,apple music,Spotify


2018年度、インディ・ロック~ソウル/R&Bリスナーへ届くダークホース! !

フランク・オーシャンとホームシェイクを繋ぐ、ローファイR&Bの新たな金字塔


柔らかいポップ構造に乗る、ローファイでス ムースな R&B サウンドが、たまらく開放的。
海外のメディアでは、Frank Ocean や Homeshake、Childish Gambino 等が引き合いに出される。リード楽曲「Couch」


Triathalon

2010年にサヴァンナ芸術工科大学にて結成。現在 はアダム・イントレーター、ハンター・ジェーン、 チャド・チルトンの3人組。2014 年のデビュー作 『Lo-Tide』でのサーフ・ポップ路線から、作を重ねるごとにR&B志向を強め、ブルックリンに移って発表した3作目『Online』で独自のサウンドを確立する。


pavilion xool-stick around

stick around  

1.80 TEEX

2.ytfi

3.glass streeeeet

4.at 2pm

5.Yo, you dig it?

6.at 2am

7.drowning in watercolor

8.weexted

 

・2017年10月13日発売

品番:TUGR-041

Spotify


東京在住のトラックメイカー/プロデューサー。pavilion xool=パビリオン・クール
才能溢れる、余りにも早熟なアーティストが遂にベールを脱ぐ!

デビューEP「stick around」


東京在住のトラックメイカー/プロデューサー。 海外のチルウェイヴ~フューチャーファンク・シーンに大きな影響を受け、pavilion xoolを始動。 ネット上に楽曲をUPするや否や国内外から大きな反響が起こり、海外コレクティヴ〈Sunrise〉 から楽曲をリリースするに至っただけでなく、海外インディミュージックを取り扱う〈Tugboat Records〉初の日本人契約アーティストとなった。


D33J-Death Valley Oasis

D33J/Death Valley Oasis 

1.Ascent

2.Spark (ft. Deradoorian)

3.Endless Fall

4.Wisp (ft. Baths)

5.Plateau

6.Static Sky

7.Dead Sea

8.Rot (ft. Corbin & Shlohmo)

9.Black Ice

10.Scattered Ashes

・解説付き

・2018年01月17日発売

品番:TUGR-044

Buy: iTunes,amazon,HMV,Tower


〈Anticon〉から届いた、まどろむようなメロウ・ダンスミュージック。

Baths、Deradoorianらが参加。

音楽とファッションを双方にプロデュースするLAのクリエイティブ集団

〈WEDIDIT〉のメンバー、D33J(ディージ)本日日本デビュー!!